事件

服部恭太フェイスブック特定「ジョーカーに扮して死刑を待つ」京王線刺傷・放火事件

服部恭太アイキャッチ事件

2021年10月31日、東京の京王線の車内でジョーカーに扮した服部恭太(はっとりきょうた)が刃物で乗客を刺し、車内に火をつけたとして逮捕されました。

ハロウィン当日の犯行だったため、バットマンのジョーカーに仮装しナイフを振り回す服部恭太の行動は演出かと勘違いした人もいたそうです。

服部恭太のキチガイな犯行により70代の男性が刃物で胸を刺され重体、他の16名も煙を吸うなどしてケガをしました。

この記事では服部恭太のFacebook(フェイスブック)、Instagram(インスタグラム)、Twitter(ツイッター)などのSNS特定、高校や大学などの出身校、仕事や会社(勤務先)と自宅住所を調査していきます。

服部恭太Facebook特定「元カノとのツーショット写真」

服部恭太でフェイスブックを検索すると早速本人のものと思われるアカウントを発見しました。

服部恭太と同姓同名は3人いますが、そのうちの一人が報道されている顔画像と一致しています。

それが検索結果一番下の福岡在住の服部恭太です。

彼女でしょうか、可愛らしい女性と笑顔で映る服部恭太の画像が2017年3月に投稿されています。

その画像がこちらです↓

4年以上前に投稿されているので、 服部恭太が20歳前後の時でしょう。

プリクラは左右反転していると思われますが、生え際の形が全く同じですね。

私は犯人の服部恭太で間違いないと見ていますが、 確実な情報とは言い切れないためモザイクをかけておきます。

11/2追記

報道でFacebook画像が公開されたのでモザイクなしの写真を掲載します。

幸せそうに微笑んでいますね。

この彼女は服部恭太と別れ、彼女は別の方と結婚しました。

服部恭太のFacebookへの投稿は2017年3月12日のこの画像のみが公開されており、他の投稿は確認できませんでした。

友人のみに限定公開しているか、この幸せの絶頂期だったアイコン画像の投稿のみだったのでしょう。

服部恭太Instagram

インスタグラムで服部恭太を検索したところ、4件がヒットしました。

一つずつチェックしましたが、投稿がほとんどなく特定は出来ませんでした。

新しい情報が入り次第、追記更新します。

服部恭太Twitter「アイドルオタク」

ツイッターで服部恭太を検索したところ、1件ヒットしました。

画像が顔写真ではないため本人のものか特定は出来ませんが、フェイスブック同様に住まいが福岡県になっているため、同一人物である可能性が高いと見ています。

このアカウントが服部恭太のものだとすれば、日向坂のリツイートが多いことからアイドルに熱を入れていることが分かります。

仕事や対人関係のストレスをアイドルに癒してもらっていたのでしょう。

服部恭太プロフィール

  • 氏名:服部恭太(はっとりきょうた)
  • 年齢:24歳
  • 職業:無職
  • 自宅:不明

服部恭太は6月7月頃から仕事や対人関係が上手くいかず死刑を考えていたと供述していることから、それまでは定職についていたことが分かります。

11/2追記

服部恭太は以前、漫画喫茶に勤務しており、お客さんを盗撮して逮捕されました。

示談になったが仕事はクビになったとの情報が報道のインタビューから入りました。

現在の自宅がどこかはまだ調査中ですが、4年前に投稿されているFacebookから福岡に住んでいたことが分かっています。

11/2追記

服部恭太は1か月前から東京のホテルに滞在しており、お金は金融業者から借りていました。

犯行を決め、将来はどうなっても良い(死刑になりたい)と思い借金返済のことなど気にせず適当に暮らしていたに違いありません。

服部恭太高校と大学は福岡県

服部恭太の出身校の情報は現時点では入手出来ていませんが、私が特定したフェイスブックから福岡在住であったことが分かっているので、地元福岡の高校を卒業していることが考えられます。

仮に福岡市だとしても地図のようにたくさんの高校がありますので、特定には時間がかかりそうです。

匿名掲示板やツイッターなどで情報が入る場合が多いので、整理しながら収集していきます。

大学に進学しているかどうかも合わせて調査中ですので詳しいことが分かり次第追記していきます。

11/2追記

服部恭太の小中学校の同級生は信じられないと口を揃えており、大人しく目立たない存在でした。

1学年に1クラスという小規模な学校で育った服部恭太は、静かなタイプで、成人式でも同級生の記憶にもほとんど残っていませんでした。

中学は陸上部で「いつも教室の隅にいるような物静かなタイプ」。休み時間は教室で絵を描いていることが多い中学時代でした。

服部恭太は母親と妹と3人暮らしで料理や買い物をして家族を支えていました。

県立高校を卒業後、インターネットカフェの店員や介護ヘルパーとして働いていました。

服部恭太会社は退社済み

服部恭太は逮捕後の報道で無職とされています。

6月7月頃には仕事や対人関係で悩んでいたと供述していたことから、既に退職済みであることが分かります。

前職についての情報はまだ入っていないので、引き続き調査していきます。

詳しいことが分かり次第、更新します。

11/2追記

漫画喫茶で勤務中に盗撮して逮捕されクビになったとの情報が入りました。

それが直近の仕事であるかは現在調査中です。

11/4追記:

服部恭太は約3年前から福岡市の大手携帯電話会社関連会社コールセンターで通信機材の営業販売を担当していました。

しかし、2021年5月にクレームが入ったことをきっかけに会社から配置転換(異動)を打診されます。

服部恭太は納得いかず2021年6月に退職しました。

退職直後に服部恭太は刃渡り30センチのナイフをネットで購入しました。この時すでに殺害を考えていたことになります。

退社後は神戸に滞在し、9月は名古屋、10月に東京のホテルへと場所を移しました。

服部恭太は消費者金融に借金をしており、東京八王子のビジネスホテルには1か月分の宿泊費、13万4千円を現金で支払っていました。

服部恭太ジョーカーに憧れ小田急線事件を参考に犯行

4年前に彼女と上手くいかなくなった服部恭太は福岡で働きながらも投げやりになっていました。

6月に仕事で失敗し(クレームがきっかけで異動)対人関係も上手くいかなくなり、社会に対する不満が募っていきます。

神戸や名古屋を転々とし、プライベートでは友達もおらずアイドルに癒してもらう日々を過ごしていますが、小田急線事件がきっかけで犯行を決意します。

東京の八王子のホテルに1か月ほど滞在し計画を練ります。

2人以上殺して死刑になることを望んでいた服部恭太は返すつもりのないお金を消費者金融から借りて生活していました。

台東区上野の専門店でライター用オイル(355ミリ・リットル)10缶を購入し、ペットボトル5本に移し替えました。

火の消えにくいライター5本、可燃性の殺虫剤5本をリュックに入れていました。

バットマンのジョーカーに憧れていた服部恭太は犯行日をハロウィンに決め、停車駅が少なく人が逃げられない特急列車での犯行を計画します。

ハロウィン当日は人が多いと思い京王線の上りに乗り変えた、服部恭太は京王線の調布駅を発車後に犯行に及びました。

会社でも物申すことができない服部恭太は弱い人をターゲットに刃物を振り回し、火を放ったのです。

小田急線事件ではサラダ油に火が付かなかった事からライターオイルをペットボトルに入れ、着火用に殺虫剤を用意していました。

本来、特急は明大前まで11の駅を通過しますが、運転士の機転により国領駅で緊急停車し、逮捕となりました。

服部恭太は念願の死刑が近づくとあり、身柄を拘束されるときも抵抗せずに逮捕されていきました。

対馬悠介顔画像「女に狂わされたイケメンの人生」小田急線

死にたいなら身辺整理して勝手にすれば良いのに、なぜ関係のない人を巻き込むのでしょうか。

被害にあってしまった人たちは本当に不運としか言いようがありません。

防ぎようがないですよね。

とにかく変な人とは距離を取る。危ないと思ったら逃げる。これしかありません。

重体の70代の男性も命に別状はないとの情報が入り一安心ですが、一刻も早い回復をお祈りしています。

悪質な犯人である服部恭太には是非とも本人の希望通りに電気椅子など苦痛を味わう死刑を与えて欲しいものです。(日本の死刑は絞首です)

うずまきニュース