事件

林一貴フェイスブック顔画像「在日で女性暴行の前科あり」さいたま市大宮

事件

大宮のネットカフェ立てこもり事件の犯人が逮捕されました。

監禁の疑いで逮捕されたのは林一貴(はやしかずたか)容疑者(40)無職です。

この記事では林一貴のフェイスブック顔画像や前科、犯行動機について調査していきます。

林一貴フェイスブック顔画像

林一貴のFacebookを検索したところ、同姓同名が27件検索結果に表示されました。

東京都町田市在住で生年月日が1980年〜1981年の人を絞っていきます。

アカウント画像が女性のFacebookアカウントが町田市在住なので怪しいと思い調べましたが、詳しい情報は何も投稿されていませんでした。

友達が1559人と多いので、顔を出さずに人と繋がり情報を得ていた可能性もあります。

他のアカウントも調べましたが、情報が登録されていないアカウントが多く、特定が出来ませんでした。

引き続き調査していきます。

林一貴の前科

林一貴は3年前に女性から金銭を奪おうと、女性の頭をハンマーで叩き逮捕されています。

当日37歳の同姓同名ですので年齢的にも本人と一致します。

  • 2018年3月女性の部屋に侵入し、強制性交等未遂と住居侵入容疑で逮捕
  • 2018年4月女子大生の部屋に強盗目的で侵入し、帰ってきた女子大生の頭を後ろからゴムハンマーで数回殴り、強盗傷害と住居侵入容疑で逮捕

3年前の林一貴の顔画像です。

そして6月18日に逮捕された時の林一貴の画像です。

顔を隠しているので、正面は確認できませんが、同一人物である可能性が高いとの情報をキャッチしています。

2010年に140万円を騙し取った詐欺で逮捕された林一貴は年齢が合わないので(2010年時点で26歳フリーター)別人物であると判断します。

林一貴は在日韓国人

大宮ネットカフェ立てこもり事件で逮捕された林一貴(はやしかずたか)が在日韓国人ではないかとの情報が出ています。

在日韓国人は通名に縁起が良いとされる鏡文字(左右対称の文字)を利用することが多いことから、この情報が浮上しました。

これは名前から判断されているだけであり、根拠は何もありません。

林一貴の立てこもり犯行動機

立てこもっている時にはナイフを持っていると話していました。

女性には左肩に擦り傷があるものの命に別状はなく、現時点では暴行されたとの情報はありません。

また金銭の要求や政治的社会への要求もない事から、単純に女性と過ごしたい欲求が突発的に高まったのではないかと考えられます。

林一貴は過去にも女性に対して犯罪を犯している事からも、女性に対する想いや欲求が我慢できないタイプであると言えます。

女性と戯れたい欲求が突発的に出で、部屋に鍵を閉めてしまったものの、事が大きくなりすぎて収拾が付かなくなったのでしょう。

メンタル面では心配ですが、とにかく女性が無事に解放されて良かったです。

明らかな犯行動機について情報が入り次第、追記更新していきます。

大宮ネットカフェ立てこもり事件概要

さいたま市大宮で起こったインターネットカフェ立ちこもり事件の概要です。

事件はマンボープラス大宮西口店で起こりました。

  • 6月17日14:30頃 女性店員を個室に呼び、内側から鍵をかける
  • 16:30頃 マスターキーで開けようとしたが、中に入れず警察に通報する
  • 警察がインターホンやドア越しに交渉する
  • 警察が昼前に食べ物と飲料を差し入れる
  • 6月18日20:00頃 林一貴が休む、寝ると言ってから応答がなくなり寝ていると判断
  • 6月18日22:40頃 逮捕

林かずたかは物が壊れたと店員を呼び出し、部屋から出ようとする女性店員の首をつかんで引き倒しました。

女性の首にはその時についたであろうかすり傷がありました。

林一貴が立てこもっていたマンボープラス大宮西口店の個室は約3㎡で、内側から鍵をかけられるようになっています。

マンボープラス大宮西口店の従業員がマスターキーで入ろうとしましたが、内側から開かないように何らかの仕掛けがされていました。

個室ブースにはには監視カメラも窓がなく防音構造なので、中の様子は全く確認できない状態でした。

室内にはトイレはなく、林一貴も人質になった女性も事件発生から約33時間もの間、トイレには行っていませんでした。

差し入れに睡眠薬を入れて眠ったところを突入したのだろうと言われていますが、まだ正式な発表はされていません。

無事に解放されたとは言え、女性の健康状態が心配です。

うずまきニュース