事件

林雅弘顔画像「41年勤務給食センター裏切り」大阪府四條畷市

林雅弘事件

大阪府四條畷市の学校給食運搬業務に関する入札で業者に秘密事項を漏らし賄賂を受け取ったとして、林雅弘(はやしまさひろ)容疑者64歳が逮捕されました。

この記事では林正弘の顔画像や前職、余罪などについて詳しく調査してきます。

林まさひろ顔画像

林雅弘の顔画像については後述する過去の逮捕時も、今回の逮捕時も正式に公表されているものはまだありません。

唯一顔が分かる画像がニュースで流れた車内にいるものでした。

マスクをして下を向き、反省しているような雰囲気さえ醸し出しているように見えます。

林雅弘は賄賂の疑いだけでなく、横領でも逮捕されていました。

林まさひろプロフィール

  • 林雅弘(はやしまさひろ)65歳
  • 現在無職
  • 2014.4-2020.3月 給食センター元所長兼給食会会計

林雅弘は四条畷市学校給食センターの所長を務めていました。

林雅弘は今回、官製談合防止法違反と加重収賄の疑いで逮捕されました。

今年4月1日付で四条畷市学校給食センターに着任した所長と所員が決算書類の精査を行っていて、犯行が発覚しました。

林雅弘は今年3月に退職し上手く逃げれたと思っていたのでしょうが、世の中そう甘くはありませんでした。

グーグルで林雅弘と検索すると「四条畷市砂」と表示されました。

ここに林雅弘の自宅があるのでしょうか。
引き続き調査をしていきます。

林まさひろ年収

定年後に就いた給食センター所長、林雅弘の収入は、年間約300万円だと言われています。

決して多い金額ではないですが、定年退職後の収入としては十分ではないでしょうか。

パーソル総合研究所のシニア人材の就業実態や就業意識に関する調査によれば、定年後の年収について約半数が50%以下に減ったと公表しています。

年収が300万円に満たない人の割合は55歳で61.4%、60歳で72.8%、65歳で84.2%なので、退職時64歳で約300万円もらっていたとしたら妥当な金額と言えます。

林まさひろ前職

林雅弘は昭和54年4月から平成29年3月末までの38年間、四条畷市学校給食センターに勤務し定年退職しました。

平成29年4月から令和2年3月までの3年間は再任用職員として勤務し、勤務年数は合わせて41年です。

  • 課長代理:平成23年度から平成25年度(3年間)
  • 課 長 :平成26年度から令和元年度(6年間)

転職サイトを参考にしてみると給食センター長の給与は800万円程度のようです。

林まさひろFacebook画像

フェイスブックで林雅弘と検索すると25件がヒットしましたが、本人のものと思われるアカウントを見つけることは出来ませんでした。

65歳と言う年齢的にSNSをしていなくても不思議ではありません。

念のためツイッターやインスタグラムも検索してみましたがヒットしませんでした。

アイコンが設定されているものはどれも別人でした。

アイコン表示がないものも追ってみましたが、投稿などがなく詳細を知ることが出来ませんでした。

林まさひろ余罪

林雅弘の犯罪はこれだけではありません。
過去を遡るとたくさんの横領事件が発覚しました。

林雅弘はこれまでに給食費など約1450万円を横領した疑いでも逮捕・起訴されています

林雅弘は2019年7月~11月、大阪府四條畷市内の小中学校の給食費などを管理する口座から計332万5391円を、着服した「業務上横領」で逮捕されました。

林雅弘が横領を行った時、給食費などの会計も担当していたので、簡単にお金を出し入れできる状態でした。

2021年5月23日、大阪府四條畷市の東修平市長や植田篤司教育長らが市役所で記者会見を開き謝罪しました。東修平市長は「不正な処理があった。保護者の皆さまの信頼を著しく損なうもので誠に申し訳ない。再発防止のために、同様の会計方式で不正がないか調査したい」と話していました。

林雅弘が学校給食費を管理する口座から計約1450万円を着服したとして、2021年5月に業務上横領容疑で逮捕していますが、その捜査の過程で今回の官製談合防止法違反と加重収賄の容疑が浮上しました。

約300万円の横領が発覚して調べると1,450万円の横領が見つかったんですね。

令和元年に3回にわたって約300万円横領してイケると思ったのか林雅弘は自分の口座にせっせとお金を移していたんですね。何とも欲深い人です。

林まさひろ事件概要

林雅弘は大阪府四條畷市が発注した学校給食運搬業務委託契約の入札情報を大阪府内の運送業者に漏らし、紳士靴やワイシャツ仕立券など約23万円分を謝礼と知りながら受け取りました。

林雅弘は落札が可能な上限に近い金額を教えて落札させたとさせれています。

市の設計金額に対し、林雅弘が情報を漏らした運送業者の入札金額は1億1887万5千円で約50万円しか差がありませんでした。

林雅弘が受け取ったのは靴や掛け時計、仕立券付きワイシャツ生地など5点(計約23万1千円相当)でした。

1,450万円も横領しておきながら20万円そこらの賄賂(しかも物)で官製談合防止法違反するなんて、退職前だしバレないと思っていたのでしょう。

横領した1450万円の使い道も気になりますね。こちらも引き続き調査していきたいと思います。

うずまきニュース