事件

森本恭平Facebook画像「元妻からのモラハラで金銭がらみの犯行か」尼崎殺人事件

森本恭平2事件

2021年15日20:20ころ、兵庫県尼崎市昭和通4丁目のマンション駐輪場で元妻を殺害したとして森本恭平(もりもときょうへい)33歳が逮捕されました。

森本恭平と殺害された森本彩加さんは離婚しており、一方的に恨みを抱いており犯行に及びました。

いくら恨み妬みがあるとしても行動に移したら終わりです。自分勝手な理由で28歳とまだ若い女性の命を奪った森本恭平は一体どんな人物なのでしょうか?

この記事では森本恭平のFacebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)などのSNSや出身校、会社や現在の自宅などを調査していきます。

森本恭平プロフィール顔画像

  • 名前:森本恭平(もりもときょうへい)
  • 年齢:33歳
  • 職業:会社員
  • 住所:兵庫県西宮市甲子園8番街

森本恭平は無口で大人しく、完璧主義の男性のようです。

見た目でも大人しそうには見えますが、そんな人ほど内に秘めていると言うかキレると何をするか怖い印象がありますね。

離婚協議中の元妻に殺意があったようですが、犯行動機には①金銭のもつれ②恋愛関係のどちらかが濃厚とされています。

①金銭のもつれに関しては、結婚後豹変してしまった元妻に尻にひかれた森本恭平は自分勝手な森本彩加さんに数年耐えていました。思い通りに行かないとモノが飛んできたり出て行けと言う言葉にも我慢していた森本恭平ですがついに離婚を決意します。

しかし離婚後には慰謝料を払えと執拗に金銭を要求する森本彩加さんにしびれを切らした森本恭平が犯行に及んだ。と言う推測です。

②恋愛関係に関しては、元妻に離婚を言い渡された森本恭平は納得できずストーカーと化し、新しい彼と仲良くする森本彩加さんに嫉妬して犯行に及んだ。とされています。

どちらもネットで騒がれており、一般市民の推測でありますが、犯行動機としてはどちらもあり得そうですね。

森本恭平Facebook画像

フェイスブックで森本恭平のアカウントを検索してみましたが、同姓同名が多く約60件もヒットしました。

アイコンに画像を設定しているアカウントから消去法でチェックしていますが、情報のないアカウントが多く特定に至っておりません。

ネット上の匿名掲示板では森本恭平はギャンブル狂で、パチンコ店に度々出没していたそうです。

お金を無心していたのはむしろ森本恭平の方かも知れませんね。

森本恭平Twitter画像

ツイッターでも森本恭平のアカウントを検索してみましたが、フェイスブックと同じく、同姓同名が多く、17件がヒットしました。

森本恭平の顔画像はマスクをしているものの識別できる状態ですが、Twitterの森本恭平アカウントは顔画像が設定しているアイコンが半数以上で特定は困難な状況です。

またツイッターはニックネームなど本名以外のアカウント名で作成する人も多いので、違う名前で登録している可能性も高いです。

森本恭平出身中学

匿名掲示板によると、森本恭平は尼崎出身で離婚後に西宮に引っ越してきたとされています。

尼崎と言うとダウンタウンの出身地で有名ですが、本人たちも「下町」(治安があまりよくない場所)と自分たちで卑下してネタにしている場所ですね。

実際に訪れるとそこまで治安の悪さは感じられませんが、お上品でないことは言えるのかなと言う印象です。

匿名掲示板では森本恭平の出身中学に関する書き込みがありました。

鳴尾は西宮の南の方に位置します。

現在、森本恭平が住む西宮市のららぽーとの北隣です。

尼崎市と西宮市は隣り合わせではありますが、森本恭平が中学時代に尼崎市に住んでいた場合は校区が異なってきます。

匿名での書き込みなので信憑性はそう高くないと判断しました。

森本恭平出身高校

森本恭平の出身高校についても現在は情報がありません。

ネット上でも森友恭平の実家が西宮だとか尼崎だとか確証のない情報が飛び交っています。

森本恭平は西宮や尼崎の南の方に土地勘があるようなので地元である可能性は高いです。

仮に西宮だとすると16件ほどの高校がヒットしましたが、浜の方だと3件ほどが該当します。

  • 兵庫県立鳴尾高等学校
  • 兵庫県立西宮今津高等学校
  • 西宮立西宮東高等学校

森本恭平の実家が尼崎だとすると10数件ヒットします。

森本恭平の土地勘がありそうなJR尼崎駅周辺の公立高校だと3件です。

  • 兵庫県立尼崎高等学校
  • 兵庫県立尼崎小田高等学校
  • 兵庫県立尼崎工業高等学校

森本恭平の地元が尼崎市・西宮市だとしたらこのあたりの高校が濃厚です。

引き続き森本恭平の出身校について調査しますので、新たな情報が分かり次第追記していきます。

森本恭平会社

森本恭平は会社員と言うことですが、業種や勤務先に関しての情報はまだありません。

結婚当時は尼崎に住んでいたことから、西宮~尼崎近辺の会社に勤めていた可能性が高いです。

また梅田(大阪)も通勤範囲であることが考えられます。

森本恭平が午後8時ころには尼崎の犯行現場で元妻を待ち伏せしていることから、自分で退社時間を決めて仕事を切り上げられるような職種であることが予想されます。

森本恭平の会社が特定次第、追記更新します。

森本恭平自宅

森本恭平の自宅は兵庫県西宮市甲子園8番街のトレスアイジツと特定されています。

〒663-8178 兵庫県西宮市甲子園八番町7−6 トレスアイジツ

ららぽーとが目の前にあるとても便利な場所に住んでいますね。

森本恭平の自宅からは血の付いた包丁や衣服が見つかっています。

また、逃走したバイクも自宅にあり血痕が見つかっていて、殺すつもりで刺したと容疑を認めています。

森本恭平家族

森本恭平は現在、兵庫県西宮市のアパートに一人暮らしをしていると報道されています。

結婚時に家を出て、離婚後は一人暮らしをしていたようですね。

まだ離婚協議中なので、新しい家族もおらず一人寂しく暮らしていたのでしょう。

実家に関する情報は現時点でつかめていないので、引き続き森本恭平の実家の住所や家族について調査していきます。

森本恭平の妻 森本彩加

森本恭平に殺害されたのは元妻の森本彩加(もりもとさやか)さんです。

  • 森本彩加(もりもとさやか)
  • 28歳
  • 医療系事務員

森本恭平と森本彩加さんは尼崎市内の別の場所で同居していましたが1年以内に離婚しました。

元妻とありますが、まだ離婚調停中だったのでトラブルが継続していたのでしょう。

森本恭平は外出先から帰ってくる森本彩加さんを待ち伏せして襲いました。

森本恭平は森本彩加さんの背中を中心に刃物のようなもので10か所以上を突き刺すなどし、殺害しました。

肺まで達するほどの深い刺し傷もあり、森本恭平は強い殺意を抱いていました。

森本彩加さんの手の甲には抵抗した時についたと思われる傷があり、目を見開いて死んでいたとの目撃情報もありました。

元夫に背後から襲われ、馬乗りになってめった刺しにされた森本彩加さんは想像を絶する恐怖と痛みに震えたことでしょう。

どんな事情があれど殺人犯となった森本恭平は到底許されません。

森本恭平犯行現場

森本恭平が犯行に及んだ現場は兵庫県尼崎市昭和通4丁目のマンションの駐輪場で、元妻である森本彩加さんが離婚後に移り住んでいました。

森本彩加さんが住んでいたマンションは兵庫県尼崎市昭和通4丁目のパークフラッツ尼崎と言うマンションです。

森本恭平が森本彩加さんの帰宅を待ち伏せして背後から襲い、馬乗りになって刺しているところを、宅配業者が目撃して通報しました。

森本恭平 世間の声

森本恭平は大人しくてまじめそうな人とされていますが、SNSなどではいろんな意見が飛び交っています。

  • 真面目そうな人と真面目な人は違う
  • 被害者に寄り添った公正な判決を
  • 最近は親族間でのトラブルが多い

確かに今までのニュースでも見た目では全く判断できませんが、真面目そうな人と、本当に真面目な人は違いますよね。

深い付き合いのない人の「その人の印象」は全くあてになりません。

初犯だったり精神的に欠陥が見つかると減刑されることがとても多く、すぐに社会復帰できているのが現状です。

自己防衛などの特別な理由を除き、殺人をおかした人は一生、塀の中で暮らせばよいと思います。

税金は使ってほしくないので、塀の中で作業をしっかり頑張って自分の分は自分で稼いでほしいですね。

最近のニュースでは親族間のトラブルが本当に多いです。

親子や夫婦、兄弟など、「殺してやる」と心の中で思うだけでは我慢できず、行動に移してしまう人が多くなってしまったのでしょうか。

人と人のコミュニケーションを上手く取れなくなってしまった人が増加した結果かも知れません。

  • なぜ相手が思い通りにならないと殺してしまうのか
  • 真面目そうに見える人ほどヤバイ
  • 被害者の人生を台無しに知るとともに自分の人生も棒に振ってしまう

相手が思い通りに行かないと、辛く悲しくなったり、逆に憤りを感じて腹立たしい事もあるでしょう。しかし殺すのだけは本当にダメだと思います。

自分の気持ちを切り替えられない人、自分に弱い人が犯行に及んでいるんだと思いますが、やはり小さい時から理不尽なことを体験したり、我慢したりすることも教育には大切なことなのではないでしょうか。

  • すぐ捕まるのに男は事件起こしたら逃げる
  • 女々しい男
  • 被害女性にもいろんな未来があるし、家族もいるからいたたまれない

他人に対し恨みつらみの数々は仕方ないにしても、実際に行動に移して本当に殺してしまうのは人間としてあるまじき行為です。

ニュースになっている事件のほとんどが数日以内に犯人が逮捕されていますね。

殺人事件を犯すほどの殺意と行動力があるのだから覚悟をもって逃げずにいればいいのに、なんと女々しいのでしょうか。

どうせ逃げてもずっとビクビクして結局は自首したり、眠れずに精神疾患を抱えたりするのがオチです。

まだ28歳と言う若さの女性の命は一方的に奪われ、家族もとても悲しみ怒りに明け暮れていることと思います。ご冥福をお祈り申し上げます。

  • ためこむ人ほどキレたら何をするか分からない
  • 離婚は双方同意ではなかったのか?

世間で大人しそうだとか、そんなことするように見えない、と言う人の犯行がとても多い気がします。

DV、恋愛、金銭問題など夫婦間のトラブルに関するニュースも尽きなくて、結婚が怖くなりますね。

理想と現実のギャップを埋められず不満が募っていってしまった結果の犯行なのでしょうが、自分を納得させる力を森本恭平は持ち合わせていませんでした。

双方の同意で結婚しますが、離婚はどちらかの意向のもとに進めることが多いです。

今回の事件も離婚協議中と言うことで、森本恭平が納得できずに殺人に至ったと見ています。

うずまきニュース