事件

浦上陽子Facebook顔画像「子供嫌い普段から執拗な躾:バスに閉じ込め5歳児殺害」福岡県中間市双葉保育園

浦上陽子バス事件

7月29日、倉掛冬生(とうま)くん5歳がバスに置き去りにされ、熱中症の疑いで死亡しました。

送迎バスに約9時間も倉掛とうまくんを閉じ込めたのは、バスを運転していた双葉保育園の園長、浦上陽子(うらがみようこ)です。

浦上陽子ドラレコSD消去「双葉保育園で虐待の証拠隠滅」福岡県中間市

この記事では浦上陽子の顔写真、SNSや悪い噂、浦上ヤス子との関係、杜撰(ずさん)な管理体制など、事故が起こった原因について調べていきます。

浦上陽子園長辞任

9/4追記

園長を辞めるつもりはないと話していた浦上陽子は9月5日付けでふたば保育園の園長を辞任する事が分かりました。

浦上陽子Facebook顔画像

浦上陽子の顔写真を探すべく、フェイスブックを調べました。

「浦上陽子」で検索すると9件がヒットしました。

1人だけ福岡在住のアカウントがありましたが、家族の写真などが投稿されており別人である可能性が高いです。

その他のアカウントは情報や投稿がなく、特定に至りませんでした。

「yoko uragami」でも検索してみましたが情報がほとんどありませんでした。

浦上陽子Twitter画像

続いてTwitter画像です。 

ツイッターでも浦上陽子のアカウントを探しましたが、見つけることが出来ませんでした。

40代ですし、SNSをやっていない可能性もあります。

浦上陽子Instagram画像

インスタグラムはどうでしょうか?

「浦上陽子」「双葉保育園」で検索してみます。

一つ一つチェックしていきましたが、情報のないアカウントが多く、フォローフォロワーなども追跡しましたが特定に至りませんでした。

浦上陽子プロフィール・顔写真

  • 双葉保育園の園長
  • 40代
  • バツイチ?
  • 子供嫌い
  • 美人

浦上陽子は結婚に失敗し、双葉保育園を継ぎました。
こどもは好きではなく、大人を舐めてかかっている子供たちにウンザリしていました。

普段から倉庫に閉じ込めるなど、行き過ぎた躾をしており、被害にあった倉掛冬生くんも「園長先生に嫌われないようにしなくちゃ」と口にするほどでした。

園長先生である浦上陽子を怒らせると、体罰が下されるので、嫌われないようにいい子にしましょうと言っていたのは、園児の発想ではなく、双葉保育園で働く職員であると認識しています。

双葉保育園と言う組織を牛耳っている浦上陽子は、気に入らないやつには厳しく当たる人間でした。

ライオンズクラブのメンバー写真です。

恐らく本人であると言われていますがまだ逮捕されていないのでモザイク処理をしています。

パッチリ二重で40代、年齢より少し若く見えます。

シャキシャキした美人系ですが、自分の思い通りに世を動かす雰囲気も出ています。

好き嫌いが激しく、嫌いな保育士だけでなく園児にもあなたが嫌いだと言っていたようです。

また、パワハラもあり、嫌いな保育士には業務連絡をしないなど、仕事に支障がでるようなイジメがありました。

休暇を取る前には菓子折りを持って機嫌を取りに行く必要かがあり、病欠を取ろうにもとにかくいるだけで良いから出勤してと言う始末でした。

人手不足は浦上陽子自身が招いた状況なのです。

双葉保育園の杜撰な管理体制

浦上陽子が園長を務める保育園は家族経営の「ふたば保育園」です。

民家の様な見た目ではありますが、大所帯で送迎バスもあることから多くの園児が通っています。

しかし以前から浦上陽子だけでなく、高圧的な態度の保育士に対してクレームもあったようです。

双葉保育園のホームページを見ると「安心」と謳っていますが、園児を殺しておいて何が「あんしん、よろこび」でしょうか。

  • 法人名:社会福祉法人新星会 双葉保育園
  • 園名:双葉保育園
  • 所在地:〒809-0034 福岡県中間市中間二丁目13番8号
  • 理事長:浦上ヤス子
  • 園 長:浦上陽子

園長は 倉掛冬生(とうま) が閉じ込められ死亡したバスを運転していた浦上陽子です。

理事長は同じ苗字の浦上ヤス子であることから、親族継承されていることが分かります。

感動どころか「地獄」を見せてくれた双葉保育園について更に詳しく調べていきます。

8月1日、双葉保育園の家宅捜索が始まりました。

8月2日、福岡県と中間市がふたば保育園に児童福祉法などに基づく特別監査に入りました。

双葉保育園の口コミ

福岡県中間市の社会福祉法人新星会 双葉保育園には数が少ないものの口コミが書かれていました。

大人しい保護者や子供は言われ放題で、組織的に残念な保育園です。

ベテラン保育士と言うのは園長の浦上陽子も含まれているのでしょう。

また普段から躾と称して虐待していることが分かりました。

倉庫に閉じ込めていたことからも、バスに置き去りにしたのも故意であって、そのあとすっかり忘れていた可能性が高いです。

双葉保育園の送迎バス管理

そもそも、送迎バスは運転手1人で行うものなのでしょうか?

ほとんどの幼稚園では専属運転手が一人、幼稚園の先生が一人、大人2人体制でバスに乗っています。

そして降りた時には、寝ている子供や忘れ物チェックをします。

このご時世、換気やアルコール消毒も必要なはずなのに、浦上陽子は確認もせずにカギを締めました。

バスは園庭の奥の屋根もない場所に駐車されていました。

双葉保育園で浦上陽子が運転した迎えバスはハイエースでした。
こんな小さいバス(車)で園児を見逃すとは言い難いです。

  • 寝ていたから気づかなかった。
  • 降りたと思っていた。

と矛盾していることからも、確認を一切していないことが明らかです。

8月2日追記

いつもは回収している体調などを確認するバスカードを、事件当日は回収しておらず、 倉掛冬生くんのカバンの中からカードが見つかりました。

また、寝ていたことに腹が立ったのか、お仕置きのつもりで故意に置き去りにして後で迎えに行くつもりが忘れていたと言う可能性もあります。

双葉保育園の出欠確認

バスを降りた後に保育園では出欠確認はしないのでしょうか?
担任は欠席だと思っていました。

無断欠席があったとしても、児童がいないことに気付いたら電話連絡を入れたり気にかけたりするはずです。

迎えバスを運転していた浦上陽子( 倉掛冬生くんを乗せた認識があった)に一言確認をすれば、事故を防げたのです。

そして気がかりなのは、バスには他の園児も同乗しているはずなのに、倉掛冬生くんがいないことが騒ぎになっていないことです。

他の園児の一人ぐらい、 倉掛冬生くんがいないことに気付いても良いようなものの、何も気に留めていないと言うことは普段から教室にいない子が何人かいてもおかしくない状況だったことを表しています。

浦上ようこは過失を認めておらず、事件の翌日も普通に園児を預かっていました。

現状として、園によっては無断欠席しても連絡のないところもまだ多くあります。

3日連続無断欠席しても(連絡入れろよとも思いますが)、園から連絡なかった~と言っている人もいました。

でもこのような事故がある以上は適時、人数確認をする必要性を感じます。

近所の幼稚園はバスはもちろん2人体制で、乗車リストがあり、乗ってこない子についても確認をしないとバスが出発しないぐらい徹底しています。

また、5歳で寝るの?との声がありましたが、子供によって車に乗ったらすぐに寝ちゃう子もいるし、必要な睡眠時間もバラバラ、当日の体調によっても寝ることは十分にあり得ます。

浦上陽子の家族

浦上陽子の家族について明らかにはなっていませんが、「結婚に失敗した」と言う匿名情報があったため、バツイチでないかと予想されます。

また子供はいないようです。

8/2追記:

卒園生の口コミから浦上陽子の父親が前の園長である事が判明しました。

お父さんのように優しく慕われる延長でしたが病に倒れ長期入院をして復帰が見込めなくなり、浦上陽子が園長になったようです。

浦上陽子が園長になってから、園の雰囲気は一転し、園児も保育士も過ごしにくくなってしまったようです。

新たな情報が入り次第更新していきます。

浦上陽子と浦上ヤス子の関係

理事長である浦上ヤス子と園長の浦上陽子との関係が気になりますね。

浦上ヤス子の情報が全くと言って良いほどないのが現状です。

しかし苗字が同じことからも母親や父方の叔母など親族であることは間違いないでしょう。

8/2追記:

浦上ヤス子は浦上陽子の母親である事が判明しました。

頂いたコメントから歴代の園長と浦上陽子の家系図はこのようになりました。

浦上陽子はライオンズクラブ会員で男漁り

浦上洋子は福岡県中間市の中間ライオンズクラブ会員に所属しています。

ライオンズクラブ「Liberty Intelligence Our Nation’s Safety」は「自由を守り、知性を重んじ、国の安全をはかる」ことをスローガンとしている国際協会を構成する奉仕団体です。

このような団体に所属しているにも関わらず、園児を大切にしている様子が垣間見れない浦上洋子は男目的であった可能性が高いです。

お目当ての男性を見つけて結婚し、早く嫌いな子供から逃れたかったのでしょう。

双葉保育園5歳園児熱中症死亡 世間の反応

SNSなどではかなり多くの批判が上がっています。

浦上陽子は倉掛冬生(とうま)くんが乗車した認識があったが、他の泣いている子に気を取られていて、降りたと思っていた。と言っています。

保育園に通う園児が泣くのは当たり前で、そのせいで点検・確認を怠ったような言い訳とも受け取れます。

普段から倉庫に閉じ込めたりすることがあり、子供が浦上陽子の機嫌を取らなくてはと思うぐらい高圧的な態度を取っていたことが分かります。

熱血とも受け取られる躾ですが、子供を預かっている認識が低すぎます。

お迎えのバスは「ハイエース」で決して大きくないバス(と言うよりワゴン車)です。

全体を見渡すのもチェックも時間がかかることではありません。

出迎えた保育士もチェックを怠っていることから、普段から点検をしていなかったのでしょう。

何か過失を隠しているに違いありません。

また、チャイルドロックはされていない状態だったので、鍵が閉まっているとはいえ、5歳児が自分で開けることは出来なかったのでしょうか?

倉掛冬生くんが浦上陽子を恐れている様子からも、普段から勝手なことをしないよう厳しく言われていたのかもしれません。

暑くて苦しくて外に出たいけど、勝手なことをしたら叱られるからと我慢しているうちに意識を失ってしまったのではと心が痛んでなりません。

浦上陽子が常習的に子供を閉じ込めていた

口コミや匿名情報から浦上陽子が普段からお仕置きとして物置などに子供を閉じ込めていたことが分かっています。

この迎えバスも故意に閉じ込めたとしか考えられません。

私と同じようにお仕置きして迎えに行くのを忘れたと予想する人がとても多いのです。

真実を知らない世間の予想だけでなく、卒園生の生の声がツイッターにあがっていました。

やはり普段から行き過ぎたお仕置きがあったようです。

虐待以外に言葉が見つかりませんが、今まで問題にならなかったのはなぜでしょうか?

一刻でも早く真実が明らかになるよう祈っています。

福岡県中間市私立双葉保育園5歳園児熱中症死亡事件概要

福岡県中間市の私立認可保育園「双葉保育園」で、倉掛冬生(とうま)くん(5)が送迎バスに閉じ込められ死亡した事故の概要を時系列に並べていきます。

  • 7月29日、園長が運転するバスで園児7人が登園。
  • 午前8時半ごろ園に到着、別の職員が園児たちをバスから降ろした。
  • 冬生くんが車内に残っていることに2人とも気づかず、バスを施錠して離れた。
  • 午後5時10分頃、母親(37)が帰りのバスを迎えに行くと乗っておらず、登園していないと言われた。
  • 午後5時15分頃、園の駐車場の迎えバス車内で倒れている冬生くんを発見し警察へ通報。
  • 駆け付けた母親に浦上陽子は寝ていたから気づかなかったのごめんね。と声をかける。
  • 1時間後に熱中症での死亡が確認された。
  • 7月31日18時保護者会開催:浦上陽子は『普段できていることが(今回に限って)できなかった』と説明した。
  • 浦上陽子は自分の過失を認めず、園長も続けるつもりだと話した。
  • 浦上陽子は「他の子に気をとられ、(冬生ちゃんが残っていることに)気づかなかった」と市に説明している。

安全であるはずの保育園のバスで命を落とすことになった冬生ちゃん。これまでの取材で園側の安全確認の不備ともいえる対応が明らかになってきました。

7月29日の午前8時ごろ、母親に連れられてバスに乗った冬生ちゃん。バスは女性園長が運転し、ほかの職員は乗っていませんでした。園児がバスに乗る際に「バスカード」を受け取ることになっていましたが、園長は受け取っておらず、出席確認がおそろかになってしまいます。さらにバス内の点検も十分にされていませんでした。

バスが保育園に到着したあと、園長は運転席を降りて、ドアから1歩、2歩入り座席を見渡しただけでした。 女性園長は「バスを外から施錠した。冬生ちゃんを降ろしたと思っていたが、確認をしたわけではない」と話しているということです。バスを出迎えた職員も車内を確認しておらず、冬生ちゃんは発見されるまで約9時間も取り残されたことになります。その間、園長と担任の保育士との間で冬生ちゃんの姿が見えないことについてのやり取りはなかったということです。担任保育士は「休みだと思っていた」と話しているということです。

園側は7月31日、冬生ちゃんが死亡した経緯について保護者たちに直接、説明しました。

■双葉保育園の園長 「この度は私の確認不足と職員間の連携がうまくいっておらず、そのことが原因で、この度冬生くんの大切な命を奪ってしまう重大な事故を起こしてしまい誠に申し訳ございませんでした。」 説明会の冒頭、謝罪のことばを述べた園長。園にバスが到着した後の確認が不十分だったことについて、こう説明しました。

■双葉保育園の園長 「冬生くんがいつもバスが到着すると、冬生くんがいつも最初に降りてきてくれます。(別の)小さい子が泣いているのをあやしてたんですよ。冬生くんが亡くなった日は、その子をあやして降ろさなきゃいけなくて、そっちの方に神経がいって。」 ほかの子に気を取られ冬生ちゃんがすでに降りたと思っていたと釈明しました。その上で、いつもは忘れ物がないかバスの奥まで確認していたと話します。

■双葉保育園の園児の保護者 「荷物の確認はいつもしているということですか。」

■双葉保育園の園長 「荷物の確認と…。」

■双葉保育園の園児の保護者 「じゃあなんでその日は、できてないんですか。」

■双葉保育園の園長 「そこに関しては…。」

■双葉保育園の園児の保護者 「わざとですか。」

■双葉保育園の園長 「わざとでは。本当に確認をしていない。なんで確認していないのかと言われたら、本当に申し訳ないと思います。」

さらに、バスカードを回収しなかったことについては…。

■双葉保育園の園長 「かばんの中に入ったままバスに乗車させています。バスカードがあれば確認ができた。私の責任です。」

■双葉保育園の園児の保護者 「普段回収しよったんですか。」

■双葉保育園の園長 「申し訳ありません。回収できていない家庭もあります。」

■双葉保育園の園児の保護者 「回収していたら防げた事故。」 バスカードの回収もできていなかったと認めましたが、その理由についてはあいまいな答えに終始しました。

■双葉保育園の園児の保護者 「今まで話の中ではやっていました。いつもならやってたんですけれど、たまたまその日やってないんです。みたいなばっかりだったんです。」

浦上陽子ドラレコSD消去「双葉保育園で虐待の証拠隠滅」福岡県中間市

うずまきニュース